スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
沖縄旅行4日目。=海中道路~知念岬公園~カフェくるくま= 
沖縄旅行4日目を振り返ります。

ついに最終日。
朝から海中道路へ・・・の前に
昨夜から車のライトがつけっぱなしだったことが
判明しましました。
無事にエンジンがかかって良かったです・・・。
さて、海中道路は強風で
景色を堪能してる場合ではなく
橋を渡らず海の駅で引き返すことに。
海中道路
次の目的地である知念岬公園へ向かいました。
やっと晴れてきたので
海がキラキラ☆
知念岬公園
そして誰も観光客がいないという
贅沢な貸切でした。
ここからすぐ近くにある
カフェくるくまに向かったんですが
またも道を間違え
とてつもなく細い坂道を走るハメになり
ヒヤヒヤしながらやっと到着。
カフェくるくま
絶景です。
これで観光はおしまい。
何度も道を間違えながらも
無事に空港に到着しました。
那覇空港
キレイに慶良間諸島が見えるんですね。
いつかは離島にも行ってみたいけど
本島でも充分楽しい旅行でした。
スポンサーサイト
 
 
沖縄旅行3日目。=ナゴパイナップルパーク~ザ・ブセナテラス~勝連城跡~与那原町= 
沖縄旅行3日目を振り返ります。

この日は、朝からパイナップルパークへ。
パイナップルパーク
これまたオープンと同時に行ったら
ガラガラでした。
パイナップルの試食が常に置いてあるのが
魅力的なパイナップルパークですが
ガラガラの状態ではガツガツ食べるわけにもいかず・・・
ちょっとしょんぼり。
っということで、サクッとお土産を買って
ザ・ブセナテラスへ。
ザ・ブセナテラス
値段が高いだけあって
ホテルも海もめっちゃキレイでした。
ザ・ブセナテラス
泊まってないのに写真撮りまくり。
さて、ここから一気に南下して
勝連城跡へ。
勝連城跡
琉球ならではの遺跡はとっても新鮮。
で、お城の上からは海中道路が見えるんですが
うーん・・・・曇り空ではビミョーでした。
その後、ホテルでのんびりした後
与那原町に住むお友達の家へ向かうことに。
小学校4年の社会科の授業で
沖縄の小学校と文通するきっかけがあって
なんとそれが今でも続いているのであります。
そんなお友達と初めて会ったのは
高校を卒業した時の沖縄旅行だったので
もう、10年以上も経ってしまったことに驚き。
カーナビをセットして順調に向かっていたものの
最後の最後で迷子になり
結局、途中まで迎えに来てもらっちゃいました。
ずっと会ってなくても
違和感なくいっぱい話して笑って
とっても楽しい時間でした。
沖縄の方言はやさしくて癒されるね。
これで3日目はおしまい。
明日はあっという間の最終日です。
 
 
沖縄旅行2日目。=美ら海水族館~スキューバダイビング= 
沖縄旅行2日目を振り返ります。

この日は、この旅行のメインである
美ら海水族館とダイビングをする日っと決め
まずはオープン時間と同時に水族館へ行きました。
美ら海水族館
しかし、水族館に入るわけではなく
団体客が到着する前にエントラスで写真撮影し
さっさと退散。
ここ、駐車料金が無料なので
何度出入りしても大丈夫なのです。
で、ダイビングが9時からだったので
ダイビングショップへ。
ホテルのお隣が水族館で
そこからショップまで15分ぐらいだったので
移動はラクラク。
テンション高すぎてショップの写真撮るの忘れました・・・。
体験ダイビングなので
水着だけ持っていけばOK。
で、記念すべき初めてのダイビング!!
めっちゃ楽しかったです!!
耳抜きとか不安なことはあったけれど
インストラクターの方がほんと上手で
泳げるけど潜水ができないあたしを
しっかり海の底までつれていってくれました。
ニモに会えたよ。
さすがに海から出たら寒かったけど
船の中であったかいお茶を頂き
ウェットスーツの中にお湯を流し込んで
無事に戻りました。
で、この後はというと
再び美ら海水族館へ。
本日2回目であります。
正確に言うと、海洋博公園ですね。
しかし、水族館の中には入らずダイバーショーです。
ダイバーショー
ダイバーショー
イルカショーとは違って
ジャンプをしているイルカは
水の中でどんな動きをしているのかを見れるというもの。
他にも、イルカの習性みたいな説明もあって
なかなか面白いものでした。
そしてそのままお隣にあるイルカラグーンを見学。
イルカラグーン
すごい近くでイルカが見れちゃいました。
ここからテクテクと歩いて
エメラルドビーチへ。
エメラルドビーチ
お天気はイマイチだったけど
それでも砂浜は白くて海は青かったです。
ここでまたも退散。
お昼ごはんを食べるために
今帰仁村のほうへ。
本当は、今帰仁城跡も行く予定だったんだけど
どうにもこうにもスケジュールがパツパツになっちゃったので
断念しました。
さてさて、再び美ら海水族館へ戻り
っていうか海洋博公園へ戻り
オキちゃん劇場というイルカショーを見学。
イルカショー
そしてやっと水族館に入場です!!
何でここまで粘ったかというと・・・
入場料が格安になる16時以降を狙ったから。
ちなみに、すいてる時間も16時以降なのです。
ジンベエザメ。
ジンベエザメ
ジンベエザメ
でかい!!
餌付けも見れて大満足。
さらに、この水槽を上から見れる
黒潮探検にも行ってみました。
黒潮探検
足元がガラスになっているところもあります。
っということで、
朝から入場したほうが水槽がキレイという話もありますが
夕方から入場したほうが
団体のお客さんが少なく確実に空いているので
それなりに充分遊べて大満足でした。
これで2日目は終了。
明日はどーんっと移動です。

ダイビングはインストラクターの腕で全てが決まる
っと同僚の方が言っていたんだけど
ほんと納得!!
今回お世話になったお店はこちら。
アクアポポ
ビーチダイビングより
ボートダイビングのほうがおすすめ☆
 
 
沖縄旅行1日目。=辺戸岬~ヤンバルクイナ展望台~古宇利大橋= 
沖縄旅行1日目を振り返ります。

朝日
23日早朝6:05の飛行機で出発することにしていたので
なんとまぁ・・・蒲田に前泊しました。

さて、沖縄に到着してみると
風が強くて予想以上に寒く
コート必須の状態でビックリ。
で、まず向かったのは辺戸岬。
辺戸岬
沖縄本島の最北端になります。
真っ青な海に感動というより
ものすごい強風に耐えるのが精一杯で
髪がぐちゃぐちゃになりながらも
どうにか写真だけは撮って早々と退散しました。
次に向ったのは、ここからすぐ近くにある
ヤンバルクイナ展望台であります。
有名なんだか有名じゃないんだかビミョーですが
めっちゃインパクト大の展望台!!
ヤンバルクイナ展望台
なんでここにこんなの造ったの?って感じ。
大きすぎて全体を写真に収めるのが大変。
ちなみに、展望台の中に入って見える景色はこんな感じ。
ヤンバルクイナ展望台
先に行った本島最北端がキレイに見えました。
しかし、ここまで行く道がかなり狭く
車1台通るのがギリギリな上
超急な上り坂。
うっかり対向車が来ちゃったら
バックで戻らなきゃいけないってことで
バックが苦手なあたしにとっては命懸けでした・・はい。
続いて向ったのは古宇利大橋です。
古宇利大橋
青い海の上をまっすぐに渡るこの橋。
なかなかの絶景でした。
その古宇利島から見えるハートロック。
古宇利島
これがなかなか見つからず
島を2周して道を間違えた末
さとうきび畑を通り抜けるハメになり
窓全開だった助手席は大惨事に・・・。
その後、海が見渡せるカフェでご飯を食べて
この日は終了。
ちなみにホテルはというと
美ら海水族館のすぐお隣にあるホテル。
エメラルドビーチが目の前で
格安プランで選んだのにかなり良かったです。
 
 
ギャルサポの祭典=トリコロールフェスタ。 
ファン感
今年もファン感に行ってきました。
アトラクションの事前抽選で
『サッカーアトラクション』が当たったものの
これ・・・とてもじゃないけど参加できなかった・・・。
子供ばっかりだったし
「40分ほど選手とドリブルします」っていう内容は
体力的に無理!!
ってことで、早々と参加券を譲って
ブースでワーワーキャーキャー遊んできました。
今年は、補強ではなく補充しかしてないけれど
楽しいサッカーが見れるといいな。
ちなみに、社長は
①ACLの出場権獲得
②タイトル獲得
って言ってたけど逆じゃない?
優勝できないチームがACLに行っても
何もできないってば。
 
 
衝撃的お誕生日プレゼント。 
しゃぶしゃぶ
今年もまたお友達がお誕生日会をしてくれました。
メニューはしゃぶしゃぶ食べ放題!
自分のお誕生日に雪を降らせ
雨女っぷりがさらに加速した日だったけど
すっごい暖まって満腹大満足。
そして、またまたカワイイプレゼントを
いっぱいもらっちゃいました。
で・・・・
その中で衝撃的だったのが・・・これ。
USB
キティちゃんのUSB。
なんてことない普通のUSB。
しかし!!中身がすごかったー!!
え?何でそこまで知ってるの!?
ってぐらいツボを押さえたVTR(?)
もう叫んじゃったわよ。
ってか、あの最初の健太の写真はいずこから?
そして屋良くんを入れてきたところと
イ・ビョンホンに訳がついていたところが完璧すぎて
やばい、これ毎日見ちゃうかも。

ちーちゃん、れいれい、ありがとう☆
 
 
2012年。 
2012年やりたいこと。

転職。
ミスチルとましゃのライブに行く。
お芝居を見る。
断捨離。
たまにはマリノス以外のサッカー観戦。

今年もよろしくお願いします。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。