スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
大躍進SHOCK。 
防衛省に行った後はSHOCKを観に行ってきました。
今年は去年とほぼ同じメンバー。
去年はパナと町田くんが抜けた穴が大きくて
全体的に不安定な感じがしたんですが
今年は見事に固めてきてて
安定感抜群!!
とにかく勢いが全然違いました!!
無駄が一切なくテンポよく進む進む。
屋良くんも良い感じに力が抜けてたし
何と言っても大きく成長していたのは岸くんでした。
ソロパートもしっかりこなしていて
この成長っぷりにビックリ。
斬新的に変えてきたラストの部分も
なかなか面白い演出で
よくここまで仕上げたなぁっと。
完璧に仕上がっていたおととしの公演を超えるものは
当分ないんじゃないかと思ってたんだけど
今年の公演はそれに並ぶ歴代1位かな☆
スポンサーサイト
 
 
空飛ぶ勢いにのって。 
防衛省
空飛ぶ広報室のDVDを全部見た勢いで
防衛省の見学に行ってきました。
事前に予約をして当日は朝9時に集合っていう
結構ハードなものだけど
その分内容もたっぷり。
説明をしてくれた自衛隊の方がめっちゃ面白くて
聞きながらみんな爆笑だったし
意外と写真もOKで
良いアングルでシャッターを押してくれました。
写真がダメだった所は2か所だけだったかな。
一般人からしても絶対にこれは撮れないでしょって思うとこでした・・。
見学後はお隣のホテルでランチ。
気づいたらここ、ドラマで使われたとこで
知らぬ間に空井さんツアーに。
そういえば見学ツアー開始早々に
「空飛ぶ広報室を見て見学に来た人~
あんなにかっこいい自衛官はいませんから!!」
っていう説明もありました・・・。
大人になってからの社会科見学はほんと楽しい。
次はどこにしようかな。
 
 
音楽ダブルヘッダー。 
去年のお芝居ダブルヘッダーに続き
コンサートのダブルヘッダーをやりました。
1本目はヤマハホールでTSUKEMEN。
ヤマハがもっているホールだけあって
とにかく音の響きが別格のレベル!
最初の音が鳴った瞬間
とにかく良すぎてビックリでした。
弾いてる3人も
「サントリーホールと同じぐらい良い」って絶賛していて
そのおかげで演奏も順調。
西新井の公演ではズタボロだった『AKATSUKI』も
とってもいい感じでした。
まぁ、1回酷いのを聴いてるだけに
終わるまではこっちが緊張したけど・・・。
ついでにMCも絶好調で
なんと気がつけば2時間半のコンサート。
いずれまっさんのコンサートのように
MCメインの3時間コースになってしまわないか・・・不安。
終演後、最近はずっと握手会だったものの
今回はサイン会だったので
あっさりCDを購入してバッチリ参加してきました。
握手もしてもらったしお話できたし大満足☆
TSUKEMEN
続いて夜はトッパンホールでレ・フレール。
公演当日はそのチケットで印刷博物館に入れちゃうからお得。
そんなに広くはないけれど
公演前にサクッと見れるのは良いかも。
さて、徹子の部屋を見て知ったレ・フレール。
一台四手の連弾スタイルで奏でるピアノは
クラシックとは全く違う楽しさでした!
「音楽を聴く」のではなく「音を楽しむ」。
まさにレ・フレールはこれ。
めっちゃ楽しそうに弾く!ってか叩く!?ってか打つ!?
雑に見えるけど相当なスキルがないと
あれだけ細かく音は鳴らせないよなぁっと。
連弾って音の幅が広いからほんと好き。
ベーゼンドルファーのピアノを使ってるから
なおさら良かったのかも。
ちなみに・・・・
レ・フレールのコンサートは基本的に0歳児から入場可能で
これが嫌でず~っと未就学児不可の公演を待っていたところに
このコンサートを見つけたんですけど
この音だったら子供がいても大丈夫かなっと。
気にならないぐらいの音とリズムを出してくれるし
そもそも「子供が騒いだらロビーへ。マナーが守れないなら注意します」
っていうようなことが書いてありました。
これ、めっちゃ助かる!!
っということで、めっちゃ堪能した1日でした。
レ・フレール
レ・フレールは兄弟デュオ。
雰囲気は全然似てないけど
MCの下手さはそっくりでした・・・・。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。