スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
大混雑の傍聴席。 
また裁判の傍聴に行ってきました。
前回と同じくロビーにある開廷表で
ピックアップして法廷へ向うも
この日はどれもこれも大混雑!!
傍聴席が満席で入れない・・・。
っということで、かなりウロウロした末
やっと傍聴できました。

【その1】
初めて裁判員裁判を傍聴してみました。
裁判員はおじさんとか主婦っぽい人とか20代の若い子とか
いたって普通の方々。
この裁判は『殺人未遂』で
朝からやっていた被告人質問に途中から入ったので
ちょっと内容が掴みにくかったんですけど
要は、被告人の女の子が彼氏を刺してしまったというものでした。
彼氏からカチンとくる一言を言われ
謝ってほしくてナイフで脅したら
取っ組み合いになって刺さっちゃった・・・みたいな。
う~ん・・・若いだけあってハードな交際ですなぁ。
ナイフを持ち出した彼女も悪いけど
そもそも普段から暴力を振っていた彼氏も彼氏なわけで
どっちもどっちじゃんって思っちゃったり。
この女の子、ちょっと国語力が低くてですね・・・
弁護士さんから刃物の持ち方について質問された時に
質問の意味が理解できないという事態に。
裁判官から「刃物の持ち方で、順手と逆手ってあるのわかる?」
っと聞かれ「わかりません」っという始末。
裁判官から口頭で説明するように言われた弁護士が
女の子に説明するも全く理解している様子はなく
ついに、検察官が「これ使いますか?」っと
段ボールで作ったナイフを出してきました。
ナイス!!検察官!!
で、うっかり刺さっちゃったという被告人に対し
「俺は刺された」と彼氏は言っているわけで
この状況に被告人の女の子が泣き出し
ここでいったん休憩となりました。
休憩後は、検察官からの質問になったわけですが
先ほど泣いていたのがウソのように
被告人の女の子が豹変しておりました・・・。
質問に対し逆ギレモード。
「はぁ?そんなの覚えてないです」とか
「そんなのわかんない」などなど。
そして相変わらず国語力の低さに検察官も悪戦苦闘でした。
ちょっとでも言い回しが難しいと
女の子は理解できなくて黙っちゃう・・・
でも黙秘ではないって感じ。
最後に登場した女の検察官がこれまた強者で
女vs女が一番怖いと思いました。
とりあえず1日がかりの審理なのでここで退散。

【その2】
裁判員裁判の判決を傍聴しました。
この裁判は『傷害致死』。
ゴミの捨て方を注意されたことにカチンときて相手を殴ったら
倒れた時に頭を打っちゃってその後死亡というもの。
ちなみにゴミの捨て方について注意されたけれど
被告人には無関係なゴミだったみたい。
懲役4年の実刑でした。
裁判官からのお話によると
確かに自分とは無関係のゴミに関して注意されたらカチンとくるけれど
別に殴らなくてもいいでしょうって。
執行猶予を求めてたみたいだから
控訴するのかな。
ちなみに、ここにいた検察官が
前回、『強制わいせつ』を傍聴した時にいた方でした!!

【その3】
初めて民事裁判を傍聴しました。
ってか、満席ばかりで入れるものがなく
ふらふら歩いててみつけたのがこれでした。
民事は、弁護士vs弁護士。
リーガルハイみたいな状態ではなかったけれど
なんか関西弁炸裂の弁護士がめっちゃガラが悪く
さらに被告人の態度も悪かったです・・・。
そして裁判長は終始ヒマそうな表情でした。
『損害賠償』というこの裁判は
途中から傍聴したので内容がよくわからず
さらに登場人物も多くて大苦戦!
民事は最初から傍聴しないとダメかも。
けど、聞いたことある会社名が続々と出てきて
あれっ??っと思って裁判後にネットで調べたら
結構有名な事件の民事訴訟でした。
傍聴人は4人だけで地味だったのに。
 
 
 

管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。